合宿免許のチェックポイント

2019年8月9日

合宿免許場でどんな一日の流れがあるのか

合宿免許で1日にどれくらい教習を受けるか

合宿免許場では朝が早いと感じる人もいるでしょうが、教習所によって朝一番の時間が違います。早いところでは朝8時から教習が開始されるところもあれば、9時半が一番最初の教習というところもあるため、入所した時に時間を必ず確認しましょう。
朝起きてから宿舎に戻るまではほぼ教習ではないかと考える人もいますが、入所した時に配布される学科予定表を確認すると、それほどたくさん詰まっていないことがわかります。1日に2時間から3時間ほどの学科教習と、2時間の技能教習を受けることが多いです。時間帯は教習所が定めているため、自分で全て決められるわけではありませんので、注意してください。ただし、技能教習の場合には事前に受付で予約をする必要がある教習所もあるため、技能教習の方法については必ず入所時に説明を聞きましょう。また、1度にバイクと車の免許を同時取得を目指す人の場合は、カリキュラム自体が違うため、注意してください。

生徒はどんな生活を送っているのか

どの合宿免許場であっても、朝食・昼食・夕食がついているといいますが、場所によっては自分で用意するところもあるため、確認してください。朝食が取れるところの場合朝一番の教習を受ける前に朝食を取る必要があるため、食堂の開始時間は早いです。朝6時半からオープンしているところもあるといいます。
朝食を取って仮免などの朝一番の試験を受ける人もいますが、それ以外の場合は宿舎から出て教習所で教習を受けます。教習所で受ける日程は毎日違うため、日程によって自由時間が異なるのも事実です。教習を受けて自由時間ができたとき、自由時間の長さによって洗濯や宿舎で使っている部屋の掃除、更に学科教習の復習をする人が多いといいます。それ以外ではマンガやパソコン、タブレットなどのインターネットを使う人が多いです。

夜間はどんな生活を送るのか

昼食を済ませた後、自由時間や教習を行っている人も多いといわれています。夜間でも教習は存在しており、受講は可能です。夜間の教習は19時までぐらいが一般的となっており、それまでに学科や技能教習を受ける人が多いです。ただし、教習所や地域、季節によっても多少異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。宿舎の門限があるところであれば門限までに戻る人が少なくありませんが、門限のないところであれば夜間教習生同士で飲みに行く人もいるといいます。ただし、宿舎内での飲酒・喫煙を年齢に限らず禁止しているところや、翌日の教習に影響がない範囲で楽しむくらいなら問題なしと判断するところも少なくありません。通う教習所によって判断が分かれるため、参加前に確認しましょう。それ以外では予習・復習をする人や、ネットゲームをする人、家族や友人と連絡を取る人などさまざまです。

合宿免許ムーチョ!